雑学・豆知識

《ありがとう》 語源・由来・意味を知る

投稿日:

有難い(ありがたい)

「アリガタイ」は、もったいない、とか、感謝したい、という気持ちをあらわした言葉です。『存在が難しい』ということから、めったにない事を感謝する、という意味になりました。

もとは、神を称える言葉でした。室町時代頃は、『法悦の感激』を示す意で用いられました。その頃、感謝する意としては、「カタジケナイ」を用いていました。

ちなみに、尼門跡(あまもんぜき)では「カタジケノー」といいます。元禄時代以降、宗教的意味を含む「アリガタイ」が感謝の語になりました。

有難う(ありがとう)

「アリガトウ」は、感謝の気持ちを示す言葉です。「有難う」は、もとは、文字通り、「有り得ないこと」でした。

あるのが不思議、ゼッタイ、アリエナ~イ。というような「あり得ない」、という意味でした。
存在が難しい、「有難う」の意味は、『枕草子』(まくらのそうし)にみられます。

Sponsored Link

『枕草子』七十二段に、こうあります。

ありがたきもの。
舅にほめらるる婿。また、姑に思はるる嫁の君。毛のよく抜くる銀の毛抜。主そしらぬ従者。
つゆのくせなき。かたち心ありさますぐれ、世にふる程、いささかの疵なき。
同じ所に住む人の、かたみに恥ぢかはし、
いささかのひまなく用意したりと思ふが、つひに見えぬこそかたけれ。
物語、集など書き写すに、本に墨つけぬ。
よき草子などはいみじう心して書けど、必ずこそ汚げになるめれ。
男女をば言はじ、女どちもちぎり深くて語らふ人の、末までなかよき人、かたし。

現代語に訳すと、こうなります。

めったにないもの。
舅にほめられる婿。また、姑にかわいがられるお嫁さん。毛のよく抜ける銀の毛抜き。主人の悪口を言わ ぬ従者。
全然、欠点のない人。容貌、心、風姿態度がすぐれていて、世間にまじわって一向に非難を受けることの ない人。
同じ所に奉公住みしている人で、お互いに面と向かって顔も合わさず、すこしの油断もなく気を 使っているといった人はついぞ居ないものだが、ほんにこんな人はめったにいない。

物語や歌集など書き写す時、そのもとの本に墨をつけない人。豪華な本などはたいそう気を使って書き写 すのだけれども、きまってと言っていいほど、よごしてしまうようだ。
男と女の間柄については言うまでもない。女どうしでも、行末長くと契って仲よくつき合っている人で、 終わりまで仲のよいことは、めったにない。

もともとは、人間業を超えた『神の徳や力』を称えた言葉でした。室町時代には、神を称え、仏の道を聞いて、感激する意で用いられていました。滅多にないことを感謝する意味になったのは、元禄時代ごろからでした。

このように、もともとは、神仏に対して用いていたのが、人に対する礼の言葉になったのです。

参考文献・出典:語源大辞典/堀井令以知著(東京堂出版)

Sponserd Link

Sponserd Link

★いつもありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

-雑学・豆知識

Copyright© 人生再創造路程 , 2019 All Rights Reserved.