伝法

ブレーキを踏む人

更新日:

次のような人々が、あなたの周囲にいませんか?

・富むことを望みながら、現在の貧しさぶりを嘆いてばかりいる人。
・昇進を願いながら、上役の悪口と不満ばかり口にしている人。
・結婚を希望しながら、恋人の不平ばかり並べている人。
・成功を望みながら、自分の能力のなさをロにしたり、または、身の不運をかこってばかりいる人。
これらの人々は、車の運転でいえば、アクセルを踏みながら、同時にブレーキも踏んでいる人たちです。
心では強く何かを望みながら、表面では、別にそれを欲していないという、いわゆる本音とたてまえの人の場合も、たてまえは大きなブレーキになるものです。
さて、これらのブレーキは、すべて口によって表現されていることにご注意ください。つまり、それは言葉です。
人聞は自分の発した言葉を自分の耳で聞いて、それを暗示とするのです。
世の中には夢ぱかりをいくつも描きながら、その夢を何ひとつ達成できないで一生を終えてしまう人がいますがそれは、その夢の達成にブレーキを自らかけていることが多く、その最も多いケースがこの言葉によるものです。
心には、力があります。
しかし、その力も、一つの方向、ひとつの目的に集中させない限り、その力は発揮できないのです。あちこちにそのエネルギーを分散させている間は、その効果は、期待できません。
「集中」こそ最も重要です
何かを望みながら、事態が思うようにならないのは、この心の集中が欠けているからであり、いってみれば、これらの人々は「何かを望んでも、願わない」からなのです。
ある人は、これらの人々は、何かを得たいなあ、とふっと思います。
しかし、その後、それを願い続けるという、意識の行動がないのです。
言い換えると、思念が伴わない。強い願いの連続がないのです。
では、心の集中は、実際にどうするか?
これはもちろん「瞑想」あるいは「祈り」を用いるのです。そして、その願いを、心下意識アラヤの中ヘ送り込む作業に日夜怠りなく励むのです。
そして、ゆったりとしたりラックス感の内に、すでにその願い事が成就達成されてしまった情景をありありと想念することが、最大の秘訣なのです。

[出典:会報Enjoh-2016年8月号-無能唱元の書斎から]

Sponserd Link

Sponserd Link

★いつもありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

-伝法

Copyright© 人生再創造路程 , 2019 All Rights Reserved.