コラム

不安や心配は憑き物

投稿日:

感情に振り回されない

生きていれば、不安や心配はつきものです。
にんげんだもの。

サラリーマンや派遣社員の多くは、将来に不安を抱えているそうです。
そんな人は、今の仕事に満足しておらず、喜びがない状態になっているはずなんです。
今の仕事が楽しくない(ツマらない)から、充実していないから、余計なことを考えてしまうのです。

仕事が充実している人は仕事も忙しいはず。
忙しいけれど忙殺されている状態とは違う、いわば嬉しい悲鳴(嬉鳴)をあげながら仕事をしている状態です。

あなたは、仕事で嬉しい悲鳴(嬉鳴)をあげたことがありますか?
そういう状態になると悩んでいるヒマがなくなります。

ヒマになると余計なことを考えるようになるんです。
にんげんだもの。

生活のために、やむをえず(イヤイヤながら)今の仕事を続けている人は、
目の前の仕事に集中していませんから、アタマに仕事以外のことを考える余裕ができてしまいます。
それで、未だ来ぬゲンジツ(未来)のことを考え過ぎて、どんどん妄想を膨らませ、自分で自分をふん縛ってしまうのです。

どうせアタマを使うのなら、不安でアタマをいっぱいにするのではなく、そのツマらない仕事を、いかに楽しくできるかを工夫すればいいんです。
「どうしたら仕事を楽しくできるか?」と考えている間は、少なくとも不安は消えているのですから。

人間は一度にひとつのことしか考えられないように出来ています。
人間は一度にひとつの感情しか味わえないように出来ています。
湧いてくる感情は、ただそのままにしておけばいいんです。

放っておけばそのうち波立ちが収まってきます。

「ああ、私は不安になっているんだなぁ」と、まるで他人事(ひとごと)のように自分の感情を認めて(観止めて)いけばいいんです。
感情に支配されるのではなく(感情のコントロールでもなく)起きてくる感情は、ただそのままにしておけばいいんです。

ほおっておけば、そのうち、波がひくように消えていくんです。

Sponserd Link

Sponserd Link

★いつもありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

-コラム

Copyright© 人生再創造路程 , 2019 All Rights Reserved.