仏教

観自在~般若心経のこころ

投稿日:

このお経の主人公

観自在~本文262文字という短い般若心経ですが、それでもこのお経は物語り形式になっています。

まず、この話し手は仏さまです。経題に「仏説」とありますからね(お経はいつの時代に書かれようと「お釈迦さまがおっしゃった(仏説)」ではじまることになっているので、暗黙の了解として「仏説」を省略した般若心経もあります)。

次に聞き役がいます。それが「シャーリーシー」、つまり「舎利子しゃりし」という名前のお弟子さんです。

さて、物語りは 「観自在菩薩 深般若波羅蜜多を行じし時」(観音さまが、とても深い智慧を身につけるための修行をしていた時に…)とはじまります。

皆さんが
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時
カンジーザイボーサーギョージンハンニャーハーラーミータージー

と唱えている所です。具体的にどんな修行をしたのかは書いてありません。何といってもエッセンスのお経ですから、あまりこまかいことにはふれていないのです。

二元論から四元論へ

さて、観自在菩薩という仏さまについてふれておきましょう。
「観自在」とは「(色々なものを)観察することが自在である」ということ。

自在という言葉は、何ものにも邪魔されないということです。
思い込みや、自分の欲などが入り込まない見方ができるということです。

「お金持ちは幸せで、貧乏は不幸である」と思い込んでいる方はいないでしょうか。
その思い込みから「幸せになるためにお金持ちになりたい」と、自分の欲が入り込みます。

「幸せになりたい」ということは良い願いです。しかし幸せになるための手段である「お金持ちになる」ことだけで、「幸せになる」という願いをかなえようとすると、お金にふりまわされしまうことになりかねません。

つまり幸せになるという本当の目標がぼやけてしまって、お金持ちになる!という手段が目標になってしまうのです。

たしかにお金持ちで幸せな人もいるでしょうが、お金持ちで不幸な人もいます。
逆に貧乏で不幸な人もいますが、貧乏で幸せな人もいます。

ですから「お金持ちは幸せで、貧乏は不幸である」は、かたよった見方ということになります。この、

・お金持ちは幸せである。
・貧乏は不幸である。

という二つしかない見方を二元論といいます。ともすると私たちは二元論ばかりでものごとを見ようとしていまいます。しかし、これに、

・お金持ちで不幸な人もいる。
・貧乏でも幸せな人もいる。

という見方が加わると、四つの見方になるので四元論になります。
こういう見方を「観察すること自在」、つまり「観自在」というのでしょう。
いい方をかえると、柔軟じゅうなんな発想ができるともいえるでしょう。

観音さまは、とにかく思考が柔軟で、何ものにもとらわれない、自由自在な見方ができる仏さまです。

別名の「観世音かんぜおん」は「世間(衆生しゅじょう)の音(声)を観察する」ということです。すごい仏さまがいたものです。

しかし、仏教は、はるか彼方かなたの仏さまを仰ぎ見て、おすがりするだけの教えではありません。自分が仏になりましょうという教えでもあります。

[出典:http://www.mitsuzoin.com/nanda_hannya02.html]

 

Sponserd Link

Sponserd Link

★いつもありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

-仏教
-

Copyright© 人生再創造路程 , 2019 All Rights Reserved.