コラム

真実を見極める

投稿日:

突然ですが、まずはこの画像をみてください。

 

ちょっと古い話で恐縮です。この画像がネット上で話題になっていたのが2016年ごろだと記憶しています。

さて読者のみなさまにおかれましては、この脚がどんなふうに見えたでしょうか?

①オイルを塗ったようにテラテラ光っている美しいなまあし?
②だらしなく放り出された汚いなまあし?
③堕落性を誘発されるような危険ななまあし?

 


それではもう一度。

 

ネット上ではこんな反応が。

ラップしたような、テカテカ光ってるプラスチックのような質感、オイルを塗ってるような光沢のある輝いている脚?

それとも、まったくふつうの脚?

まあ普通の脚なんだけど、なんかお絵かきしたあとみたいに白い絵の具で汚してない?

 

インスタグラム上にこの画像がアップされてからというもの、ものすごい勢いで拡散されて大きな話題を呼んでいました。
見え方が人によってまったく違うんですよね。

あなたにはどんなふうに見えましたか?

では、そろそろネタバラシ。
クリックすると、正解がひと目わかる画像が現れます。
⇒ ヒミツのタネアカシ画像

お分かりいただけただろうか……

この画像、実は白い絵の具でペイントして脚がつやつや光って見えるように、してたんですね。ちなみにぼくはオイルを塗った脚に見えていました。

逆に、はじめから
「んまぁ、このお嬢ちゃん、せっかく親からいただいたおみ足を、白い絵の具で汚しちゃって!なんて親不孝なのかしら(ぷんぷん)」
なぁんて目で見てた人は、どうやっても、テカテカ光った脚には見えなかったはずです。

で、ぼくのようにつやつや光っている脚に見えた人でも、いったん種明かしをされてしまうと、今度は、どうみても、白い絵の具で汚した脚にしか見えなくなってしまうんですよね。

ああぁ、きれいな脚だなあ……と思っていたら、実は絵の具で汚した脚だった!

というのが真実だったわけです。

錯視・錯覚あれこれ

クレイジーダイヤモンド錯視とは?(印影付きダイヤモンド錯覚)

菱型がキレイに並んでいる画像、上から下にかけて次第に色が薄くなっているように見えます。ところが、これ全てが同じ色の菱型を並べただけのものです。正確にいうと、一個一個のひし形には、軽めのグラデーションがかかっています。(上が明るく下が暗い)
隣同士になっているひし形の境界線の濃淡を、人の目は、勝手にひとつひとつのの点として認識してしまいます。
全体ではなく、ひし形の一部分だけを凝視することによって、あたかも全体が、『注視したときの色でベタ塗りされたひし形』に視えるのです。
そのため、上と下のひし形の色が別の色のように視えてしまいます。

 

これって右回り?左回り?

↑じーっと、見ていると……
あれ?あれ?あれれ?

 

錯覚、錯視、イリュージョン、手品、マジック……

楽しんでいるぶんには、いいですよね。でも、自分の利益のために、意図的に人を騙す輩もいます。これって、情報商材業界や社会問題化新興宗教団体にもあてはまるのではないでしょうか。

 

真実を見極める目を養う方法

物事を判断するときは、観念的なみかたをしないことが大切です。
事実確認・ファクトファインディング(Fact Finding)
論理思考・ロジカルシンキング(Logical Thinking)

事実を正しく見る目と、感情的ではなく論理的に冷静に考えること、
この2点は、いつも意識しておくべき重要なことです。

物事を正しく見れない人のアタマの中は、観念的で、抽象的になっています。
自分の見たいように物事を見ているんですね。

だから、自分の周りのことや、他人を自分の思い通りにしようとする傾向があります。他人をコントロールしようとするんです。
こういう人は、だいたいにおいて無自覚だから始末が悪い。

固定観念や既成概念、そして思い込みの色眼鏡でもって物事を見、判断している人が住む世界……

それは、事実でもない、現実でもない、真実のない、妄想・虚構の世界なのです。

妄想の世界から脱却すれば、『騙された』ということはなくなります。

 

Sponserd Link

Sponserd Link

★いつもありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

-コラム

Copyright© 人生再創造路程 , 2019 All Rights Reserved.