スピリチュアル

【山田耕榮】ラジオ『裏のない10分の時間』より-05

更新日:

裏のない10分の時間 第5回:2006/11/04(土)放送

ラジオ日本(1422KHz) 毎週土曜日06:50~07:00【文字起こし】

いのちに違いはあるけど、差はないとはどういうことなのでしょうか。
いのちは、すべてどのいのちも大切です。
このいのちは偉い、このいのちはどうでもいい、ということはないのです。

つまり、いのちに差はないのです。
そして違いはあるとはいのちにはそれぞれの役割があるのです。
そして、役割を果すためには形が必要なのです。
形がなかったらそれぞれが役割を果せないからなのです。
そしてこの『役割を果す』が私たちの住む地球での調和なのです。

役割とはなんなのでしょうか。

役割とは自分のすること、すなわち自分の出来ることなのです。
しかし、こんにちは、いのちに差があると思っています。
いのちに差があると思っているときは、私たちは自分のすることではなく、
自分のやりたいことをするのです。

自分のやりたいことは、他人の役割を自分がしようとするのです。
自分の顔はいらないといい、他人の顔になろうとするのです。

それは出来ません。

いのちに差があるのなら同じ顔は、二つ、三つ、四つと出来るけど、いのちに差はないから顔はそれぞれすべて違うのです。
砂浜の砂も一粒一粒すべて違うのです。
故に、他人の役割を自分がしようとする、それは出来ないことをしようとするのです。

役割は個性なのです。
自分の役割を果さず、他人の役割のほうがいいからと、他人の役割を奪うもの奪おうとする者は個性無き者なのです。
個性無きものは『自分の思い通り』を握りしめている者なのです。
『自分の思い通り』は出来ないことなのです。

なぜなら、『自分の思い通り』の人は、永遠に自分の思い通りをしようとしています。
それは『自分の思い通り』になっていないからなのです。
自分の思い通りになっていれば、『自分の思い通り』を手離しているはずなのです。
故に、『自分の思い通り』が一番の自分の思い通りではないのです。

本当にいのちに差はあるのでしょうか。
いのちを見たものは誰もいません。
しかし、いのちがあるのは誰もわかっています。
いのちがあるのはわかっているけど、いのちは見たことがないとは、いのちが『始め無き終わり無き』だからなのです。

『始め無き終わり無き』は、私たちに見ることは絶対にできません。
しかし、いのちはあるのです。
私たちが見るはいのちの働きを見ているのです。
そしてその働きが終わったとき、いのちが無くなったと私たちはいっているのです。

いのちは『始め無き終わり無き』それは無くなるということは決してないのです。
故に、いのちそのものに違いはあっても、差はないのです。

私たちがいのちに差があると思っている限り、私たちは『自分さえよければ』です。
それは、自分が幸せになるためなら『他人はどうでもいい』なのです。

これが差別・不平等・混乱・戦争となっているのです。
この地球で、鉱物・植物、そしてこんにちでは、自然の動物は自分の役割を果たしているのです。
人間だけが、大きく役割を果たしていないのです。

本来、鉱物・植物・動物・人間が役割を果たしているとき、この地球は『調和』なのです。それは一つで動くのです。
これこそ、真の自由・平等・平和なのです。

何年か前、テレビで「人間は殺してはいけないといいながら、動物・植物は殺している。いのちは同じではないか」と質問がありました。
それに納得する答えを出した人は誰もいませんでした。
なぜ納得する答えが出ないのでしょうか。

それは、いのちというものを、知っている人が誰もいなかったからなのです。
そして、役割を果している動物・植物は本当は殺されてはいないのです。
そのもの達はギセイとなっているのです。
ギセイとは足跡を残すことではないのです。

今私たちが言ってる犠牲とは足跡を残していますね。
自分がこれだけやった、あれだけやった、そして動物とか植物のギセイというのは、ひとつも足跡が残ってないのです。

それは、この地球で云うと調和を保っているのです。
そして調和が、本当のギセイなのです。
故に、ギセイには執着は一切ないのです。

執着の一切ないものの死とは、波が波の形をやめるのです。
しかし、波が波という形をやめても、その波は海として生きているのです。
波はなくなったのではなく、海が波という、海、自らの表現体をやめただけなのです。

 

Sponserd Link

Sponserd Link

★いつもありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

-スピリチュアル

Copyright© 人生再創造路程 , 2019 All Rights Reserved.